有限会社おくすりの本舗は、熊本県荒尾市、長洲町、福岡県大牟田市に調剤薬局を5店舗開局。地域のみなさんの健康のお役に立てるよう、取り組んでおります。

検体測定室

  • HOME »
  • 検体測定室

糖尿病のセルフチェック

糖尿病など生活習慣病の早期発見・早期治療につなげるために、
四ツ山はるかぜ薬局では、検体測定室を設置しました。

少ない痛みで、わずかな採血(1滴)で、カンタンに、血液検査が行えます。

現在は、月曜日から金曜日、測定を行っています。

特に事前の予約は必要ありませんが、混雑時は少々お待ち頂くことがあります。
(都合により運営責任者不在の際は測定できません。)

測定項目

・血糖値

血液中の糖(ブドウ糖)の量を測定します。
通常、血糖は一定の濃度に保たれていますが、糖尿病やそのほかの病気によっては異常値となります。
(食事や運動、ストレスなどの要因によっても一時的に変動します。)

・ヘモグロビンA1c

糖尿病の指標のひとつで、過去1~2か月間の血糖の状態を推測します。

測定時間

血糖値・・・約9秒
ヘモグロビンA1c・・・約2分30秒
(採血操作等の前処理を含めず)

費用(試薬代として)

血糖値・・・100円
ヘモグロビンA1c・・・500円

測定までの流れ

薬局に検査希望の旨をお伝えください

申込書・承諾書を記入していただきます。(検査方法や注意事項などをご説明します。)

手指の消毒をし、ご自身で指先から血液を採取していただきます。
自己採取ですが、専用器具を使うので操作は難しくありません。
(針は1回限りの使い捨てタイプを使用しています。法律で承認された穿刺器具です。)

採取した血液を専用の測定器で分析しますので(健康茶でも飲みながら)しばらくお待ちください。
検査結果をその場でお渡しします。

・検体測定室での測定は診療や健康診断の代わりになるものではありません。
・測定の数値が基準の範囲内であっても、定期的に健康診断は受けましょう。
・測定結果に不安がある場合や、診断が必要と思われる場合は、医療機関の受診をおすすめします。
(測定できない方)

・自ら穿刺・採血ができない方は利用いただけません。
(採血するための手順説明やアドバイスは行いますが、採血は医療行為となるため、お手伝いできません。)
・未成年の方は、親権者の同意がないと利用いただけません。
・その他、既往歴(血液の疾患等)、服用中の薬の内容によっては利用できないことがあります。

 

お問い合わせはこちらから

HbA1c測定機器 クオラボ(ニプロ)

Quo-Labメーター

PAGETOP